東京都世田谷区上北沢にあるプロテスタントのキリスト教会

ブログ

5月9日 牧師室たより 創世記の学び134 (47章)

飢饉が極めて激しく、世界中に食料が無くなり、人々は苦しみあえいでヨセフの所へとやってきます。人々は銀で穀物を買います。なくなると家畜と穀物を交換し、更には農地で食料を買います。しかし、農地を耕す権利を確保します。 ヨセフ …

聖書マーク

5月2日 牧師室たより 創世記の学び133(47章)

ヨセフは、父と兄弟たちが財産を携えて飢饉を逃れてゴシェンの地にやって来たことをファラオに報告し、5人の兄弟をファラオに謁見させます。ファラオは彼らに「仕事は何か」と問い、5人は「先祖代々羊飼いです」と答え「カナン地方の飢 …

聖書マーク

4月25日 牧師室たより

本日創立90周年記念礼拝を黒田道郎牧師(石井教会、当教会第3代主任牧師の黒田四郎先生のお孫さん)をお迎えして守れますことを感謝いたします。今回は、近隣の教会等に特にはお知らせせず、賀川豊彦牧師関係等の松沢教会ゆかりの諸団 …

左向き北牧師

4月18日 牧師室たより

次週4月25日の礼拝は、黒田道郎牧師(石井教会)をお招きして創立90周年記念礼拝をいたします。道郎牧師は、当教会第3代主任牧師の黒田四郎先生のお孫さんです。賀川豊彦牧師の右腕として知られる四郎先生のお孫さんをお迎えしての …

4月11日牧師室たより 創世記の学び132(46章)

ヨセフは、ゴシェンの地で父ヤコブに会い、「父の首にすがったまま、しばらく泣き続け」ます。ヤコブも「もう死んでもよい。…お前に顔を見ることができたのだから」というのです。 ヨセフは、父の顔を見て涙することで、父の家を離れて …

聖書マーク

4月4日 牧師室たより

主イエス・キリストの復活を記念しての礼拝を共々に守れます事を感謝し、集います皆様に神の祝福を祈ります。 復活の主が弟子たちに臨んで下さり、弟子たちは主の言葉を信じて心を合わせて祈りました。弟子たちは、祈る者となったのです …

3月28日 牧師室たより

今日から受難週です。明治期に高知教会を牧した多田素牧師が、外国人宣教師から「自分は日本に渡来して始めて、受難週や復活節に多大な関心を持つようになった。…」と言われて、「わが国の教会は、いかにその信仰の中心点を、イエスの受 …

左向き北牧師

3月21日 牧師室たより 創世記の学び131(46章)

ヤコブは、一家を挙げてエジプトへと旅立ち、ベエル・シェバで父イサクの神を礼拝します。その夜、神が「ヤコブ、ヤコブ」と呼びかけてくださり「エジプトに下ることを恐れてはならない。そこで大いなる民とする」と祝福してくださいまし …

聖書マーク

3月14日 牧師室たより 創世記の学び130(45章)

ファラオは、ヨセフの意向通りに最良のものをもってヨセフの父と家族とをゴシェンの地に迎えると言います。ヤコブは、「ヨセフが生きている」と聞いて、信じられませんでしたが、ヨセフが用意した父の乗る馬車を見て、ヤコブは元気を取り …

聖書マーク

3月7日 牧師室たより

2月の役員会で、レントの期間を四旬節と呼ぶか受難節と呼ぶか話し合いました。日本の教会では受難節と呼んできましたが、松沢教会では十年来四旬節と呼んできました。どちらが正しいと言うことでもありませんのでレントとしてはとの意見 …

左向き北牧師
1 2 3 15 »
PAGETOP
Copyright © 日本キリスト教団 松沢教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.