東京都世田谷区上北沢にあるプロテスタントのキリスト教会

ブログ

5月19日(日)本年度 壮年会第1回例会が行われました

5月19日(日)12時30分より2019年度壮年会第1回例会が開催されました。今回は、4月より松沢教会にお迎えした北川善也先生と坂口由起神学生の歓迎愛餐会を含んで行われました。北川先生の松沢教会創立者、賀川豊彦研究への想 …

壮年会愛餐会

「牧師室たより」 5月12日

母の日に「父母を敬え」とのみ言葉を思う。老いた父母を成人した子供として大切に、と言うことだが、長寿社会は、高齢になる父母への依存社会ともなっている。父母の葬儀を家族だけで、と済ませてしまうことが果たして「敬う」ことなのか …

5月9日 壮年会 婦人会合同遠足 京王フローラルガーデン「アンジェ」訪問

初夏恒例の壮年会、婦人会合同遠足が今年も京王多摩川にある京王フローラルガーデン「アンジェ」で行われました。パリ郊外、モネのジベルニ庭園をイメージした池の水連の花盛りに加え、今年は運よく薔薇の見事な咲き誇りぶりを鑑賞出来た …

4月21日 イースター礼拝がもたれました

快晴に恵まれた2019年イースター礼拝。多くの出席者をお迎えし、主イエス・キリストの復活をお祝いし、礼拝前の教会学校生徒たちによるイースター・エッグ・ハンティング、礼拝での洗礼50周年祝福等が喜びの内に行われました。礼拝 …

北牧師イースター説教

「牧師室たより」 2月17日

徒然に4回、祈りについて述べた。祈りの基本は神との対話。キリストによる救いは、神との交わりの回復をいただくこと。神との交わりに生きることは当然神との語らいの生活、すなわち祈りの生活となる。祈りとは神に向かっている姿勢と言 …

2月11日。ジャクリーン&アサコ ニューイヤー伝道コンサートが開催されました

松沢教会初のニューイヤー伝道コンサートは、2月11日、早朝の雪模様にも拘らず、160名の方をお迎えしての大盛況となりました。音楽の都ウィーンからヴァイオリンのジャクリーヌ・ロシェックさんと松沢教会員でもあるピアニスト細木 …

「牧師室たより」2月10日

かつて内藤留幸先生から相談の電話を頂きました。終わりは、何時も「祈って考える」でした。先生の人事の基本は、「祈れる人(祈る人)」でした。  祈りは神への信頼あってのこと、神に信頼し神のみ旨に聴くことが先生の姿勢であり、祈 …

「牧師室たより」2月3日

フォーサイスは、名著「祈りの精神」の冒頭で「最悪の罪は祈らないことである」と言っています。祈らないことで「霊的な孤立」、「非人間的な傾向を示す」というのです。祈りは、神との対話、祈らないことは、神なしの利己主義というので …

「牧師室たより」1月27日

「復讐するは我にあり」(申命記32:35)と神は、言われます。人は、親しいがゆえに、憎しみ(報復)もします。神は、その憎しみを神に申し述べよ(祈れ)と言われているのです。神に憎しみを申し述べること、そこに信仰があります。 …

「牧師室たより」 1月20日

今年度の目標の一つは、祈り」です。小島誠志牧師は、「信仰とは祈ること」と言い、「祈りという美しい文章をしないこと 」と言われています。祈れないと人は言います。「美しい文書を」と思えば祈れないのは明らかです。勿論、祈りは祈 …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 日本キリスト教団 松沢教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.