東京都世田谷区上北沢にあるプロテスタントのキリスト教会
ブログ

牧師室たより

牧師室たより 8月18日

8月に「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる」との主イエスの言葉が想い起されます。主は、神に子、贖い主として神と私共の関係を回復してくださいました。それが平和です。人々が、主キリストの贖いに満た …

牧師室たより 7月28日

7月14日でマタイによる福音書の連続講解説教が終わりました。21日は出エジプト記の説教、今朝はヨハネによる福音書の説教です。これから、出エジプト記とヨハネ福音書の連続講解説教を隔週でいたします。出エジプト記は、神の贖い( …

「牧師室たより」 6月30日

今回、敬愛します小島誠志先生をお招きでき、感謝であり喜びです。先生とは干支一つ違う同じサラダ記念日の生まれです。初めて先生とお会いしたのは、40年前の3月、文学青年の先生は未信者との会話に苦慮し、お好きな本多路津子の曲を …

「牧師室たより」6月16日 「こどもの日・花の日」に寄せて

今朝は『こどもの日・花の日』として礼拝を行います。本来は6月第2主日ですが、今年は聖霊降臨日と重なったため今日といたしました。1856年に第1ユニバーサル教会が、教会生活での子供の位置づけを大切に思い、特別礼拝を行い、そ …

「牧師室たより」 6月9日

聖霊降臨日を共に祝いますことを感謝いたします。ユダヤ教では、過越祭より50日の祭りとして祝われていました(五旬祭)。夏の収穫感謝、土地取得の感謝、律法授与記念日等、神への感謝の祭りでした。教会は、復活祭より50日の祝いと …

「牧師室たより」 5月12日

母の日に「父母を敬え」とのみ言葉を思う。老いた父母を成人した子供として大切に、と言うことだが、長寿社会は、高齢になる父母への依存社会ともなっている。父母の葬儀を家族だけで、と済ませてしまうことが果たして「敬う」ことなのか …

4月21日 イースター礼拝がもたれました

快晴に恵まれた2019年イースター礼拝。多くの出席者をお迎えし、主イエス・キリストの復活をお祝いし、礼拝前の教会学校生徒たちによるイースター・エッグ・ハンティング、礼拝での洗礼50周年祝福等が喜びの内に行われました。礼拝 …

北牧師イースター説教

「牧師室たより」 2月17日

徒然に4回、祈りについて述べた。祈りの基本は神との対話。キリストによる救いは、神との交わりの回復をいただくこと。神との交わりに生きることは当然神との語らいの生活、すなわち祈りの生活となる。祈りとは神に向かっている姿勢と言 …

「牧師室たより」2月10日

かつて内藤留幸先生から相談の電話を頂きました。終わりは、何時も「祈って考える」でした。先生の人事の基本は、「祈れる人(祈る人)」でした。  祈りは神への信頼あってのこと、神に信頼し神のみ旨に聴くことが先生の姿勢であり、祈 …

「牧師室たより」2月3日

フォーサイスは、名著「祈りの精神」の冒頭で「最悪の罪は祈らないことである」と言っています。祈らないことで「霊的な孤立」、「非人間的な傾向を示す」というのです。祈りは、神との対話、祈らないことは、神なしの利己主義というので …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 日本キリスト教団 松沢教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.