アーモンドの木とエレミヤ

アーモンドの木とエレミヤ

今年のイースター(復活祭)は4月12日(日)となります。クリスマス、ペンテコステ(聖霊降臨祭)と並ぶ、イエス・キリストの復活をお祝いする大切なキリスト教祝祭日です。十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが、3日目に復活したことを祝う、春到来を告げる世界的なキリスト教の祭礼でもあり、復活祭を英語で表した「Easter」(イースター)は、春の女神「Eoster」(エオストレ)や、春の月の名前「Eostremonat」(エオストレモナト)に由来すると言われています。松沢教会庭園では今、旧約聖書エレミヤ書第1章11節~12節で神が預言者エレミヤへ語り掛ける個所に登場するアーモンドの木の花が美しく咲いています。他の木に先立って春一番に花咲くアーモンドは卵(イースター・エッグ)や兎(イースター・バニー)と共にイースターの精神の「よみがえりの命」の象徴でもあります。レント・四旬節の季節の今。心を整え、清めて喜ばしいイースターを迎えます。

教会の草木 アーモンドの木

教会の草木 アーモンドの木

アーモンドの木

アーモンドの木