11月11日(土)松沢教会聖歌隊が日本基督教団、東京教区西南支区音楽部の60周年記念賛美礼拝に参加します。港区赤坂の霊南坂教会にて、午後2時30分より開催の賛美礼拝で松沢教会聖歌隊指揮者石川正信指揮により、柾野武張作曲「楽譜どおりに」を奉唱。他教会との合同聖歌隊では小山章三作曲「喜びをもって主につかえよ」他全4曲を奉唱します。松沢教会聖歌隊は松沢教会創立者、賀川豊彦の長男で日本基督教団讃美歌委員会委員を務めた賀川純基が、1940年に指揮を始めた80年近くの輝かしい歴史を持ちます。現在も指揮者石川正信(作曲家名 柾野武張)の指導のもと、礼拝、祭礼、教会行事に欠かせぬ存在です。今回は指揮者石川正信作品を合同聖歌隊奉唱も含め2曲奉唱予定です。今回の賛美礼拝メッセージは「新しい歌を主に向かって歌え」。東京教区西南支区音楽部の日頃の成果を賛美の内にお聞きいただければ幸いです。西南支区コンサート

聖歌隊