【ツィゴイネルワイゼン 美しきロスマリン◎珠玉のヴァイオリン&ピアノ名曲コンサート】

11月23日午後2時開演(開場午後1時30分)入場無料

昨年に引き続き、クリスチャン一流音楽家による伝道音楽家集団「ユーオーディア」所属のヴァイオリニスト、蜷川いづみ、ピアニスト、菅野万利子のお二人によるデュオ・リサイタルを開催致します。サラサーテ「ツィゴイネルワイゼン」 クライスラー「美しきロスマリン」 バッハ「G線上のアリア」マロット「主の祈り」等のヴァイオリン名曲選りすぐりの数々に加え、感銘深いお話しで、豊かな秋の休日の午後を礼拝堂コンサートでお過ごし下さい。お子様連れの方も大歓迎(3階幼児室でのご鑑賞も可能)です。車椅子でお出での方は1階よりのエレベーターをご利用下さい。多くの方のご来場を心よりお待ちしております。

蜷川いづみ(Vn)

蜷川いづみ(Vn)

 

桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学卒業。同研究科修了。1979年~82年、フランス留学。パリ、エコール・ノルマル音楽院にて、高等演奏家資格を満場一致の首席で取得(審査員賞受賞)。鷲見三郎、鷲見健彰、ガブリエル・ブイヨンの各氏に師事。新日本フィルハーモニー交響楽団を経て、現在ソロ、室内楽、また東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団(音楽監督 三石精一氏)のコンサートミストレスとして、国内外で幅広い演奏活動を行ない、ユーオーディア管弦楽団のコンサートミストレスも務めている。4枚のCDをミクタム・レーベルよりリリース。99年に、アメリカ、カナダを中心に活躍する信仰の作曲家、金希文氏(台湾)の「Seed of eternal love 」を日本初演。ユーオーディア・アカデミー講師。

 

菅野万利子(Pf)

菅野万利子(Pf)

相愛大学音楽学部卒業。第45回日本音楽コンクール入選、第24回文化放送音楽賞、NHKオーディション入選。メリカ・インディアナ大学アーティストディプロマにてジェルギー・シェベック、室内楽をヤーノシュ・シュタルケル両氏に師事。フランス、ドイツを始め、ヨーロッパ各地にて研鑽を積む。帰国後、相愛大学講師。大阪文化祭賞、大阪咲くやこの花賞受賞。京都市交響楽団、大阪フィル、ユーオーディア管弦楽団等協演多数。現在は東京を拠点にクリスチャンピアニストとして活動。幅広いレパートリーを持ち国内外にて心和むトークコンサート、室内楽を通してキリストの愛と喜びを届けている。CD“Rejoice”をリリース。ユーオーディア・アカデミー講師。