東京都世田谷区上北沢にあるプロテスタントのキリスト教会

ブログ

3月3日 牧師室たより

羽咋教会で礼拝した後、七尾教会に伺った。神学校を卒業して以来ずっと七尾で伝道する牧師が牧会をしている。すでに地方の名士でもある。その彼が自ら言っていた。七尾は100キロほど離れた手取川の水を引いて水道水としているために水 …

左向き北牧師

2月25日 牧師室たより

1月、2月と能登の教会を訪ねた。能登には教団の4つの教会と伝道所がある。口能登にある恵泉教会で礼拝を守ったが、「世界の人々が能登を覚えてくださっていることを感謝します」と祈られていたのが印象的であった。「覚えて祈る」こと …

左向き北牧師

2月18日 牧師室たより

エクスタシーとは、忘我・恍惚状態ではなく、(ex-stasis=あるがままの自然状態から脱出すること)、すなわち自我への執着から解放されることと言われます。 信仰とは脱自性の出来事と高名な神学者は言います。人は、主イエス …

左向き北牧師

2月11日 牧師室たより

聖書では教会を「エクレシア」と呼ぶ。「エク」は「から」の意で、「レシア」は「呼ぶ」に由来する。「神から呼び出された群れ」、それが教会だということである。人の考えや思いで集まって居るのではなく、神に集められているものとして …

左向き北牧師

2月4日 牧師室たより

1月21日には、口能登にある恵泉教会で礼拝を守らせていただいた。能登の教会では、輪島教会の会堂が使用できない状態にあるが、恵泉教会は無事であった。 当日の司会者の祈りが印象的であった。被災地の教会と信徒のために祈りつつ、 …

左向き北牧師

1月28日 牧師室たより

前回の続きだが、キリスト者として災害時における日常性の確保とは何かということになる。キリスト者、それは神を礼拝する神の民と言える。であればキリスト者としての日常性の確保とは、「み言葉に聞き、祈り、礼拝する」ことにあると言 …

左向き北牧師

1月21日 牧師室たより

元旦早々能登で大きな地震があった。金沢は大きな被害もなく実家は無事ではあったが、親族は能登に多く、叔母たちも被災して避難生活を送っている。心配ではあるが命には別条ないとのことまずは一安心といえる。 教団の働きで東日本大震 …

左向き北牧師

1月14日 牧師室たより

年末にアニメ映画「窓際のトットちゃん」を鑑賞しました。トットちゃんのお友達の葬儀の場面で「ああ逝きぬ、いとしごゆきぬ ふかきやみ 四方をつつめり」と歌い出すメロディーが流れています。主にあって悲しみを悲しみ切ることが慰め …

左向き北牧師

1月7日 牧師室たより

1月3日の水曜礼拝では、民数記6章の祭司の祝福に聞き、与りました。 祝福は神の力の充満として、繁栄、長寿、家庭内の幸せ、無事、安全、健康、友情、一般的な幸福を意味します。 新しい年を迎えて改めて皆様の上に神の祝福を祈りま …

左向き北牧師

12月31日 牧師室たより

12月31日、2023年最後の主日、主を讃美して終えますことを深く感謝いたします。 主を讃美して終える、それは主によって年を完成していただくことです。私共が今1年を完成させるというのではなく、主が祝福し完成してくださいま …

左向き北牧師
« 1 2 3 4 31 »
PAGETOP
Copyright © 日本キリスト教団 松沢教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.